ジェネリック医薬品個人輸入代行ジェネファーム

個人輸入代行とは

海外医薬品の個人輸入について、日本の薬機法では以下のように定められています。

~厚生労働省のホームページより抜粋~

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

~抜粋ここまで

出典:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.html)

抜粋文の中にある「以下の範囲」については後述させていただきます。

このように海外医薬品の個人輸入については法的に認められておりますので、ご安心の上ジェネファームをご利用くださいませ。

とはいえ海外サービスとのやり取り、輸入手続きなどの対応は個人がやるには難易度が高いものです。

ジェネファームは上記のような煩雑なやり取りを代行し、お客様のお手元に海外の医薬品などをスムーズにお届けする個人輸入代行サービスです。

医薬品販売業や医療機関ではありませんので、処方や適切なお薬などの相談につきましては承れませんのでご注意くださいませ。

個人輸入として認められる範囲とは

前述の厚生労働省ホームページに記載がある「以下の範囲」において、ジェネファームで個人輸入代行を承っている商品としては、下記の通りの数量制限があります。

処方箋薬・・・用法用量からみて1ヶ月分まで
医薬品・・・用法用量からみて2ヶ月分まで
医薬部外品・・・用法用量からみて2ヶ月分まで
美容品・・・標準サイズで24個以内

以上のように規定量を超える大量の商品を輸入することは個人輸入と認められませんのでご注意くださいませ。

ご注文は個人名でお願い致します

個人輸入というのは「輸入する個人が本人で使用すること」が前提となっております。

そのため宛先が会社名になっている、商品の対象性別と輸入者の性別が合致しない(避妊用ピルを男性が注文)などの場合において、税関を通過することができない場合がございます。

ご注文は必ず個人名で、かつご自身が使用される商品をご注文くださいませ。

効果効能、用法用量、副作用について

各商品ページに掲載している効果効能、用法用量、副作用については一般公開されている情報を基にして作成されたもので、お客様の誤注文を防止することを目的とした参考情報となります。

そのため、各医薬品などの情報につきましてはご自身でお調べいただき、どのような商品であるかをご理解いただいた上でご注文いただきますようお願い申し上げます。

またジェネファームではご注文の前に該当の医薬品について医師へご相談いただくようお願いしております。

併せて一般的に言われていることではありますが、商品の効果効能については個人差がありますことをご承知いただきますようお願い申し上げます。

INFORMATION